ウェブブラウザー「Vivaldi」、最新バージョン2.2をリリース Vivaldiの2018年最後のアップデートは アクセシビリティ、ナビゲーション、メディア体験を向上

Vivaldi Technologies(ヴィヴァルディ テクノロジーズ/本社:ノルウェー・オスロ、CEO:Jon von Tetzchner)は、ウェブブラウザー「Vivaldi(ヴィヴァルディ)」の最新バージョン2.2を、2018年12月13日(木)にリリースしました。このアップデートでは、ブラウザーのタブの使い勝手を向上、サイト固有のアクセスキーの検出機能追加、動画のピクチャー イン ピクチャー再生のサポート、ツールバーのカスタマイズ範囲拡張などの機能向上を行いました。

Vivaldiは、ユーザーの好みに合わせてブラウザーを自由自在にカスタマイズできるように作っています。「シンプル」の名の下に、ユーザーをあらかじめ決められた設定範囲に制限することはしません。
複数のタブをまとめたり、タブを横に並べて表示したり、ブラウザーの画面内の上下左右どこにでもタブリストを配置したり、スクリーンショット付きのメモを残したり、カスタムテーマでブラウザーの見た目を変更したり、プライバシーモードでの検索エンジンを設定したり、ユニークなカスタマイズ機能を有しています。

■タブをもっと便利に
多彩なタブ管理機能は、多くのユーザーにVivaldiが選ばれている理由のひとつです。Vivaldi 2.2では、他のブラウザーとは異なる、Vivaldiならではのタブ管理機能を追加しました。

<選択したタブをセッションとして保存>
複数のページをまとめてセッションとして名前をつけて保存すると、後から同じページ群を一気に開くことができます。仕事や趣味のプロジェクトごとに、複数のセッションを保存しておくことができます。
2.2では、開いているページすべてではなく、任意に選択した複数のページをセッションとして保存できるようになりました。[Ctrl/コマンド/Shift]のボタンを押しながらタブをマウスクリックなどで選択し、コンテキストメニューからセッションとして保存することができます。

■動画閲覧機能を強化
<ポップアウトビデオ(ピクチャー イン ピクチャー)>
ユーザーはウェブサイトを閲覧しながら、フロート画面内でHTML5ビデオを見ることができます。
ビデオを右クリックするとコンテキストメニューから、ピクチャー イン ピクチャーモードを選択できます。YouTubeなど特定のサイトでは、ダブル右クリックでコンテキストメニューを表示します

<サウンドのコントロール>
ユーザーは、アクティブなタブ以外のすべてをミュートすることができるようになりました。以前は、キーボードショートカットやクイックコマンドでアクティブなタブをミュートできるのみでした。
2.2では、アクティブではないタブを右クリック、まとめてミュートできます。

Vivaldiブラウザーのダウンロード: https://www.vivaldi.com/

ただ、作るだけでない!安心して構築・作成から管理運営まで安心してお任せください! 「Google認定フォトグラファー」を取得。Googleストリートビューの360°パノラマを活用したWebページの製作も提供いたします。 WEBシステムエンジニア & WEBサイト・マネージメント&アドミニストレーション WordpressなどのCMSを利用してWebサイトを作成いたしますので、お客様ご自身で簡単にサイトの更新をすることができます。 また、それでも時間がないなど、Webサイトの管理や運営・更新などができないというお客様には、こちらでも管理・運営・更新のお手伝いをさせていただきますので、安心してWebサイトの作成・製作・構築をすることができます。 https://websoul-keiichi-suzuki.business.site 簡単な写真撮影や動画撮影・編集なども安価にお手伝いいたします。