モンスターハンターの世界へ没入できるRPG『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』。冒険の舞台となる新たなロケーションや、ライダーと絆で通じる「オトモン」を続々と公開! 

モンスターにライド(乗る)して、壮大なモンスターハンターの世界を冒険することができる『モンスターハンターストーリーズ2』の新たなフィールド・村といったロケーションをはじめ、主人公ライダーと絆で通じる「オトモン」たちを紹介。

  • 主人公を待ち受ける様々なフィールド

ロロスカ地方

アルカラ大陸の先にある、真っ白な銀世界。
雪原の先には、大きな雪山がそびえ立つ。

クアン村

ロロスカ地方にある、“黒の凶気”から復興した村であり、アユリアの故郷。
村長のダウル率いる、ライダーたちが生活をしている。

ポモレ花園

美しい花木が立ち並ぶ花園。
桜並木を抜けた先には、火山へと繫がる道が存在する。

ベルガ地方

火山道を越えた先に存在する、火山の麓。
溶岩や、化学現象によって発生した群晶の洞窟が存在している。

アイルーの隠れ穴

ポモレ花園の隅に、ひっそりと存在するアイルーだけの集落。

  • ライダーと絆で通じるモンスター「オトモン」

様々なオトモンが登場する本作。すでに発表しておりますディノバルド、ガムート、タマミツネと今回、ライゼクスの登場が決定しましたので『モンスターハンタークロス』4大メインモンスターもオトモンとして共に冒険することが可能になります。
ライダーとオトモンが絆の力で放つ≪絆技≫などオトモンの特徴を紹介します!

電竜 ライゼクス

体内に発電器官を持ち、膨大な電撃を操る≪電竜≫。
身体を激しく振るわせ帯電し、電気を帯びた部位で攻撃をする。
性格は荒く、非常に凶暴。縄張りに入れば全力で排除される。

絆技:ゼクスパルス

氷牙竜 ベリオロス

永久凍土の世界に君臨する≪氷牙竜≫。
巨大な牙と鋭い棘が特徴。
翼や尻尾に生えたスパイク状の鱗を使い、氷上を自在に駆け回る。

絆技:グラウンドサイクロン

雌火竜 リオレイア

 

陸の女王と称される≪雌火竜≫。
大地を駆ける優れた脚力と、獲物を仕留める毒を含んだ尾を持つ。

絆技:フレイムシェイバー

化け鮫 ザボアザギル

想像を絶する変貌を遂げる≪化け鮫≫。
体内に貯まっている特殊な液体を噴出し、周囲を凍らせて身体に鎧のような氷を纏う。

絆技:フローズングラウンド

角竜 ディアブロス

砂漠の暴君として恐れられる≪角竜≫。
縄張りに侵入した者に異常なまでの攻撃性を見せる。巨大な角による突進は凄まじい破壊力を見せる。

絆技:ブロスサイクロン

海竜 ラギアクルス

広い海の中、食物連鎖の頂点に立つ≪海竜≫。
海原の主として多くの船乗りに恐れられている。背部器官に電気を蓄え、海が沸くほどの大電流を放つ。

絆技:キングストローム

 

  • 商品情報

予約受付中!
モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~
発売日:2021年7月9日(金)予定
プラットフォーム:Nintendo Switch/Steam
ジャンル:RPG
プレイ人数:1人 (通信プレイは最大4人まで)
CEROレーティング:B(12才以上対象)

※Nintendo Switchでインターネットに接続し、遠くのプレイヤーと通信プレイを行う場合は、Nintendo Switch Online(有料)への加入が必要です。

公式サイト
https://www.capcom.co.jp/monsterhunter/stories2/
公式Twitter
https://twitter.com/MH_Stories2

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.
※画面写真は開発中のものです。
※Nintendo Switchは任天堂の商標です。

ただ、作るだけでない!安心して構築・作成から管理運営まで安心してお任せください! 「Google認定フォトグラファー」を取得。Googleストリートビューの360°パノラマを活用したWebページの製作も提供いたします。 WEBシステムエンジニア & WEBサイト・マネージメント&アドミニストレーション WordpressなどのCMSを利用してWebサイトを作成いたしますので、お客様ご自身で簡単にサイトの更新をすることができます。 また、それでも時間がないなど、Webサイトの管理や運営・更新などができないというお客様には、こちらでも管理・運営・更新のお手伝いをさせていただきますので、安心してWebサイトの作成・製作・構築をすることができます。 https://websoul-keiichi-suzuki.business.site 簡単な写真撮影や動画撮影・編集なども安価にお手伝いいたします。
Translate »