日本版ロキソニンは、ロキソプロフェンを有効成分とする非ステロイド抗炎症薬(NSAID)で、様々な痛みに幅広く使用され熱やノドの痛みをともなう風邪にも利用

日本版ロキソニンの有効成分であるロキソプロフェンは、炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状を緩和します。プロスタグランジン(PG)という物質が炎症や発熱を引き起こしますが、ロキソプロフェンは、プロスタグランジン生成酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害する働きによって、このプロスタグランジンの生成を抑制します。適応範囲は幅広く、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛などの消炎・鎮痛、及び手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎などの解熱・鎮痛に使用されます。

Translate »